新型コロナウイルス陽性者の発生について<第三報(ショート)>

<第三報(ショート)>

 

 第二報(2月4日17:30時点)以降、濃厚接触者同等者として隔離し健康観察していた利用者より、4日深夜から6日にかけて、断続的に5名の感染が確認され、現在、軽症~中等症として内4名が入院、1名が保健所の指示のもと苑内で療養しております。また、4日には職員1名の感染が確認されましたが、以降の勤務は無く他の利用者とともに感染したと推測しており、現在、自宅療養となっております。

 一方、発生日前日、当日に帰宅された利用者2名について当苑での抗原検査にて、陽性反応を確認しましたが、濃厚接触者同等者ではないことから現在調査を進めているところです。

 このような中、ショートステイの利用のお問合せもいただき、大変ありがたく思いますが、現在、お預かりさせていただいております陽性者及び濃厚接触者同等者であるご利用者のウイルスの排出や潜伏期間の安全が確保される頃(現在時点で2月14日頃)を目途に再開していきたいと考えております。一般的には、陽性者は発症日又は診断日から10日間経過後に療養解除、濃厚接触者は最終ばく露から7日間経過後に健康観察終了とされていますが、保健所の指導のもと行っていきたいと思います。但し、本日以降の状況により、更に再開期間の延長も有り得ることを申し添えます。

 また、デイサービスの運営については、ショートステイとの接点がないことから、感染防止対策を強化し、通常運営を行っておりますが、入浴設備はショートステイと共同であるため、安全確保を施した上、10日より再開する予定です。

 ご利用者及びご家族をはじめ、関係機関・事業者様には多大なるご迷惑をおかけしていますことを心よりお詫び申し上げます。事態の終息に向けて、松阪保健所・協力医療機関等との連携を図るとともに、詳細等に関しましては随時、ご報告させていただきます。

 また、情報につきましては、集約の関係上、最新でない場合がございます。

 個別の案件につきましては、当苑にお問合せ下さい。

 

令和4年2月7日(月)17:30
社会福祉法人 三重高齢者福祉会
在宅複合型施設 協和苑

2022年02月08日