新型コロナウイルス陽性者の発生について<第二報(ショート)>

<第二報(ショート)>

 

 2月2日(水)に当苑ショートステイ利用者1名の新型コロナウイルス感染症の感染が確認されて以降、同日夜に新たに利用者1名、職員1名の感染、翌日に利用者1名の感染が確認され、合計、利用者3名、職員1名の感染が確認されました。何れの方も軽症であり、現在、措置入院又は自宅療養中となっています。

 濃厚接触者については、オミクロン株の特性上、感染力が強いため、保健所と協議の上、発症日前2日間を含み、陽性者のフロア内両隣、同居室の方を濃厚接触者同等と定義付け、対象者については、状態管理に努めております。帰宅者及び帰宅予定者については順次、抗原検査を実施し、濃厚接触者同等者には7日間の自宅待機をお願いしております。
 なお、2日深夜から3日にかけて、微熱症状がある方4名に対し、PCR検査を実施しましたが、いずれも陰性でありました。

 最初のコロナ陽性者発生以降より、濃厚接触者同等者、微熱等のコロナ感染が疑われる方、その他の方の居室等を区切り、感染拡大防止に努めています。

 現在、予断を許さない状況であるため、ショートステイの受入は一旦中止としております。最終の陽性者が確認された4日の濃厚接触者同等者の待機期間(7日間)が終わる12日以降からの受入を予定しておりますが、本日以降に陽性者が判明した場合は、更に再開期間の延長も有り得ます。

 また、デイサービスの運営については、ショートステイとの接点がないことから、2日以降も営業しておりますが、入浴設備はショートステイと共同であるため、現在、入浴利用を中止し、安全確保を施した上、10日より再開する予定です。これらを踏まえ、ご利用者及びご家族と相談の上、利用していただくよう進めています。

 なお、本件については、感染者発生日前日までは、職員及び利用者の発熱等諸症状は認められず、2日の入苑者2名も発熱等諸症状が認められていない状態にもかかわらず、2日以降同時多発的に感染者が発生していることから、無症状者(発症前含む)から感染が広がったものと推測しています。皆様の事業所におかれましてもご留意いただければと思います。

 現在、可能な限り抗原検査を実施するなど、職員、利用者ともに健康管理を厳重に行っております。

 ご利用者及びご家族をはじめ関係事業者様にはご理解とご協力を賜り、誠に感謝申し上げますとともに、ご迷惑をおかけしますことを心よりお詫び申し上げます。事態の終息に向けて、松阪保健所・協力医療機関等との連携を図るとともに、詳細等に関しましては随時、ご報告させていただきます。

 個別の案件につきましては、当苑にお問合せ下さい。

 

令和4年2月4日(金)17:30
社会福祉法人 三重高齢者福祉会
在宅複合型施設 協和苑

2022年02月05日